ネタバレ・感想

あのときキスしておけば(あのキス)第2話のネタバレ感想!

2021年5月7日スタート金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば』第2話のネタバレ感想を紹介します。

第1話のラストで、「桃地…私よ…巴!蟹釜ジョー」といいながら知らないおじさん(田中マサオ:井浦新)に衝撃的な言葉を聞くことに!

さて、『あのときキスしておけば』第2話はどんな展開になっているのか注目です!

 

あのときキスしておけば第2話あらすじ

初めての沖縄旅行に向かった桃地のぞむ(松坂桃李)と唯月巴(麻生久美子)だが、搭乗する飛行機がなんと事故に遭遇…!搬送された病院で目を覚ました桃地は、巴が亡くなった…というニュースを目にして茫然と立ち尽くす。
そんな桃地に、泣きながら話しかけてきたひとりのおじさん(井浦新)。猛烈な力で桃地の腕をつかんだおじさんは、涙と鼻水を流しながらこう言った――「桃地、私、巴なの」。

到底信じられるわけもない状況に、恐れ慄き、おじさん(=オジ巴)の腕を振り払い、逃げ出す桃地。しかしなんとそのおじさんは、東京に戻ってきた桃地の自宅までついてきて、半ば無理やり家に上がりこんできた…!?

一方その頃、『SEIKAの空』を連載する『週刊少年マキシマム』編集部は、蟹釜ジョー(=巴)急逝の報に揺れていた。副編集長であり、巴の元夫でもある高見沢春斗(三浦翔平)は涙を隠して気丈にふるまいながら、蟹釜ジョーの訃報を世間に公表すべきだと主張。遺族でもある巴の母・妙(岸本加世子)の許可を取り、お別れの会なども計画しようという話も持ち上がっていた。

この“おじさん”は何者なのかー。
もしかして新手の詐欺なのか?僕は騙されているのではないだろうか…?
勘ぐりながらもうっかり、巴と名乗るおじさんと同棲生活をスタートさせてしまう桃地。そんな中、突然訪ねてきた高見沢から、巴の葬儀の日程を知らされることに。 「私が本当に死んでるのか確かめたい」―そう頼み込まれた桃地は、巻き込まれるような形でオジ巴と共にお通夜に参列することに。
しかし、なんと突然オジ巴が「ママ―!」と号泣絶叫して走りだしてしまい、お通夜は大パニックに…!?

果たして“変なおじさん”の正体とは…?
桜舞い散る中で、桃地が交わした“約束”とはー。

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/anokiss/story/0002/

 スポンサーリンク

 

あのときキスしておけば第2話期待の声

あのときキスしておけば第2話のみんなの期待の声をまとめました。

 スポンサーリンク

 

あのときキスしておけば第2話のネタバレ感想

放送終了後にまとめますので、しばらくお待ちくださいm(_ _)m

あのときキスしておけば第2話まとめ

以上、ドラマ『あのときキスしておけば』第2話のネタバレ感想を紹介しました。